部下指導・育成 研修セミナー、OJTリーダー研修セミナー|ビジネススキル|社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール チケット制サービス(旧:リクルート ラーニングクラブ)

後輩指導・部下育成

後輩指導・部下育成研修や、OJTリーダー研修のラインナップです。管理職やOJTリーダー(育成担当者)に求められる基本スキルの他、「イマドキ」の新人・若手に対する後輩指導や部下育成の方法について具体的に学べる研修をご用意しています。

後輩指導・部下育成×リーダー

今の時代の新人・若手育成のポイント 〜育て方を変えればここまで変わる〜

このコースでは、従来の新人・若手育成のアタリマエの限界に気づき、新たな育成のアタリマエをもって育成を再構築していく必要性を理解し、そのための実践ポイントのヒントを得ることを目的としています。理論や一般論ではなく、実践につながる新人・若手育成を数多く手がけた講師が、コンサルティング現場の中で見出した”生きた考え方と知恵”をもって、具体的なHow to do ではなく、育成に取り組む意識転換を図るプログラムとなっています。

後輩指導・部下育成×管理職

部下の行動と学習を促進する「1対1ミーティング」のすすめ 〜効果的な進め方とポイント〜

本研修セミナーでは、部下との定期的な接点である「定期面談」の時間をつかって、どう部下に働きかければいいのか、面談に臨む姿勢や目的に応じた設計など、面談を効果的に活用するための基本的なポイントを学びます。
何も考えずに面談に望むのと、部下のことを考え、適切な働きかけを行う場合とでは、面談に費やす時間は同じでも、結果が大きく異なります。
ワークやロールプレイング等、実践を重視した内容となっており、面談場面を想定したロールプレイングでは、ティーチングやコーチングを使い分けながら部下にどう関わるかなど、体験を通じて実践的に学びます。
部下への理解はもちろん、部下と向きあう自分自身の姿勢や気持ちについて振り返ることで、日々のマネジメントに生かしていただくことが可能です。

フィードバックの基本 〜部下の成長を促すコミュニケーション

部下の育成的なマネジメントでは、日常的な1対1の部下面談の時間を持つことが有効です。
本研修セミナーでは、1対1の部下面談で有効な「フィードバック」の基本スキル、実践でのポイント、フィードバックに臨む心構えについて学びます。
フィードバックのポイントは、 本人が、“周りからどう見えているか”を(評価や判断をするのではなく)、「客観的、具体的、タイムリーに」伝えることです。
人は評価や判断をされたと感じると、多くは”心を閉ざす”か”反論(攻撃)する"かして、守りに入るのが普通です。部下がその状態になったら、どんなフィードバックをしたところで、部下の気づきにも成長にも貢献できません。
このプログラムではこうした「フィードバックの難しさ」を前提に、部下に何をどう伝えるか、あるいはどのような姿勢で臨むのか、といった内容を扱います。
座学よりも体感ワークや体験の振り返り、スキルに関する意見交換、ロールプレイがメインの、実践的・実際的な内容となっており、マネジメントについて多くの失敗/成功体験を持った講師が、自らの体験や課題も材料にしながら、具体的でリアルな学びの場を提供します。
育成的マネジメントに意欲や悩み、課題感を持つ方にぜひお薦めします。

部下を知るメガネ 〜部下のやる気を引き出すポイント〜

このコースでは、「部下のタイプが多様化する中で、マネジャーとして、いかに部下を動機づけして、育成していくかという考え方をもつ」ために、部下一人一人を見る観点を豊かにもつことや相手に応じた動機づけの仕方を学びます。「人は誰でも成長する可能性をもつ」というメッセージと、多様な視点や、講師の体験を提供し、パラダイム変換を図るプログラムとなっています。

 
  • 未登録の方 お申込み
  • 受講者ログイン
  • 管理者ログイン