• HOME>
  • コース情報>
  • 管理職のためのアサーティブ・コミュニケーション 〜ハラスメントを生まないために〜(141)
印刷

管理職のためのアサーティブ・コミュニケーション 〜ハラスメントを生まないために〜(141)

(一方的でなく)適切に要望や意見が伝えられていますか?部下や同僚のハラスメントの行動に介入できますか?

部下を尊重・配慮しつつ、上司として率直かつ効果的に指導・要望するための、適切なコミュニケーションスキルを身につけます。

このようなニーズにお応えします

  • パワハラだと思われたら困るので、厳しいことが言えない。はっきり言えずに遠回しになってしまう。
  • 相手のモチベーションを下げずに、上手にこちらの要望を伝えるためのスキルを身につけたい。
  • 年上の部下との信頼関係を築きたいが、プライドの高い相手に対してどう対応すべきかよくわからない。
  • 部下が不満を抱えているようだ。どう伝えれば心を開いて納得のいく話し合いになるのだろう。
  • 同僚/部下の言動がセクハラに該当すると思うのだが、どう伝えれば本人に理解してもらえるだろうか。

このような受講者におすすめです

  • リーダー
  • 管理職

職種問わず、上記階層の方

※部下のやる気を損なわず、依頼や要望を率直に伝えるためのコミュニケーションスキルを身につけたい方、風通しのいい組織風土づくりを目指す管理職の方にお薦めです。
  • 新規お申し込み
  • 受講者ログイン
  • 管理者ログイン
 

概要

本研修セミナーでは、アサーティブなコミュニケーションを身につけることで、相手の考えや気持ちを理解しつつ、上司として適切な指導・要望・注意を行うためのコミュニケーションスキルを身につけます。

価値観や職務が多様化する中で、相手を尊重・配慮しつつ、適切に要望していくことは、管理職・上司として今後ますます欠かせない必須のスキルであり、マインドであるといえます。また、アサーティブなコミュニケーションの実践・強化は、部下への指導育成の観点だけでなく、率直で風通しのよい組織風土づくりやパワハラ防止にもつながります。講義では、パワハラなどの問題点を明らかにするとともに、日々の小さなコミュニケーションの行き違いがハラスメント問題を生んでいる現実を理解します。また、アサーティブなコミュニケーションを実際に体験することで、ハラスメントにならずにしっかりと部下を指導するにはどうしたらいいか、といった具体的なノウハウを学びます。

本コースでは、アサーティブなコミュニケーションを支える土台である、「誠実・率直・対等・自己責任」という4つの観点から、人と真摯に向き合う姿勢や信頼関係構築について考え、管理職に求められるコミュニケーションのスキル向上を図ります。


受講後には以下の状態を目指します。
●相手(部下)の気持ちや状態に配慮しながら、適切な指導ができるようになる
●依頼や要望を率直に伝えるための、コミュニケーションを実践できるようになる
●ハラスメントにならない、もしくはハラスメントを防ぐための適切な会話や周囲への介入ができるようになる

 

プログラム

● オリエンテーション
● アサーティブとは
  └ 日頃の言動を振返る(アサーティブコミュニケーションのセルフチェック)
  └ コミュニケーションパターンを認識する
  └ アサーティブを支えるマインド
●ハラスメントを防ぐアサーティブ・コミュニケーション
  └ ハラスメントとは
  └ ハラスメントにならない指導、要望の伝え方、周囲への介入
  └ アサーティブコミュニケーションの活用法(演習を通じて考える) 
●行動計画
  └ 明日から意識すること、取り組むこと

 
事前課題 なし
事後資料 なし
時間 3時間
費用
チケット 1枚
● チケット1枚: 15,000円(税抜)
● チケット10枚セット: 120,000円(税抜)  ※1枚あたり3000円お得です。

受講者の声

  • 自分の意見を相手に率直に伝えることは大変難しく、伝えるにしても自分の主観だけで伝えてしまったので、ロールプレイによって客観的な視点で見ることができて、とても勉強になりました。(営業・管理職)
  • これまでは、パワハラになってはいけないとまわりくどい表現になっていましたが、実際に伝える体験を通じて、率直な表現のほうが、実は相手の気分を害することなくきちっとした形で伝わることがわかりました。(技術・リーダー職)
  • コミュニケーションの中に、自らの感情を入れることで、相手の聴く態度もリアルになり、お互いの納得度が上がることがわかりました。自分の感情を表現すると、相手も鎧を脱いでくれることも実感しました。(開発・管理職)
  • 今まで言いにくいと我慢していたことを、相手と向き合いきちんと伝えるやり方があることを知ることで、自分の中でストレスを抱えることが減ったような気がします。我慢しないことを目標にします。(開発・主任)
  • これまでは二回り以上違う若手社員を頭ごなしに指導していた自分に気づきました。相手の立場をもっと理解しながら、良いところもほめ、これからはもう少し相談をしてもらえる関係を築いていこうと思います。(製造・管理職)

担当講師メッセージ

ハラスメントは人権問題としても、労務問題としても、職場で見過ごしにできない問題です。言葉の認知が高くなり、「これを言ってはいけない」「あの言葉はNG」という認識は広まってきましたが、実際にパワハラ的発言を受けたり、見聞きした時の、その場の対応は簡単ではありません。また個人の問題にとどまらず、職場全体の士気にも大きな影響を与えます。今や、人間関係のリスクが職場のリスクと直結してしまう時代。だからこそ、信頼関係を土台としたコミュニケーションの力をつけていく必要があるのでしょう。

アサーティブでは、まずは「伝える側」の訓練から始めます。ハラスメントにならない指導・注意を、しっかりと訓練します。次に、ハラスメントに当たる言動をしている他者に、きちんと介入する訓練も行います。相手を一人の人間として尊重しつつ、自分の信念もしっかりと伝えられる、その具体的なヒントを、実践セミナーの中でつかんでいただければと思います。

担当講師プロフィール

森田 汐生

プロフィール

開催日程・場所・空席状況

開催日程 場所 講師名 空席状況
2016年06月07日(火) 13:00〜16:00 大崎 ゲートシティ大崎ウェストタワー7F 森田 汐生 空きあり
2016年08月10日(水) 13:00〜16:00 大崎 ゲートシティ大崎ウェストタワー7F 森田 汐生 空きあり

※管理者サイトからのお申し込みは2日前までとなります。

  • 新規お申し込み
  • 受講者ログイン
  • 管理者ログイン
戻る

ご利用の流れ

お問い合わせ

WEBサイトからのお問い合わせは

こちら

お電話でのお問い合わせは

0120-878-300